解体工事マル得NAVIimage
解体工事の見積書の有効期限は、だいたい1か月から6か月

解体工事を行う場合には、通常その見積書を見ると解体工事請負い有効期限というのがあります。

その有効期限というのは会社によって異なっていますが、例えば3か月であったり、例えば6か月であったりと日数に多少の違いはありますが、概ね1か月から6か月くらいになっています。

ですがたしかに解体工事に限らず、どのような工事でも期限というのはありますが、なぜこの有効期限といった期限が存在しているのでしょうか。

依頼主に工事の実行を迫るためでしょうか?

実は解体工事などに有効期限が定められているのは、例えば解体工事には解体で出た産廃などを処理する費用がかかってきます。

またそれらとは別に人件費などもかかってきます。

解体にかかる資材や機械などの運搬や用意なども必要になります。

こういった諸々の必要経費というのは、ある程度の日数を経過すると、かかる費用も変動していく可能性もゼロではありません。

そういったリスクを回避するためにも、この6か月などという有効期限が設定されているのです。

ではこの有効期限ですが、もしも切れてしまった場合にはその見積もりはどうなってしまうのでしょうか?

見積もりの規定にも記載されているかもしれませんが、見積もり書は有効期限を過ぎてしまうと無効になってしまいます。

ということはその見積書を使って工事を行うのは難しくなってしまうので、解体工事を実際に行う場合には、再度見積もりを作成するという事になります。

気軽に解体工事の窓口に相談してみましょう。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント

Copyright By 解体工事マル得NAVI. All Rights Reserved.